eスポーツ(イースポーツ)とは

最近いろいろなメディアで耳にするeスポーツ(イースポーツ)という単語。
いずれeスポーツもオリンピック種目になるという噂もあるみたい。

でも結局eスポーツって何?という疑問を持っている人も多いかと思います。
そこで、eスポーツについてまとめましたので参考になれば嬉しいです。

eスポーツ(イースポーツ)とは

eスポーツとはエレクトロニック・スポーツの略。

簡単にeスポーツを説明すると対戦型のゲーム全般。

しかし、一般的には大会が行われている対戦型ゲームをeスポーツと紹介されることが多いです。

野球やサッカーのように体を動かすのがスポーツととらえがちだが、チェスや囲碁、将棋のようなイメージでゲームをスポーツととらえ、出場選手同士で対戦し,腕前を競い合います。

2022年のアジアオリンピックでは、正式種目に採用!!

今後、本格的なメダルスポーツとなるかもしれません。

eスポーツの大会と賞金って?

世界各国でeスポーツの大会が毎年開催されている。
賞金総額が1億円以上となる大規模な大会も数多く存在する。

Dota 2(ドーター ツー)というゲームの世界大会「The International 2017」の賞金総額は約27億円!!

そして、2019年に開幕するFortnite(フォートナイト)の公式大会

「Fortnite World Cup」の賞金総額は約110億円!!

FORTNITE WORLD CUP は2019年4月13日開幕されます!

Epic Games公式サイト
Fortnite(フォートナイト)の大会で賞金総額1億ドル

夢のような賞金の大会が今後も多く開催されそうですね。

eスポーツのゲームタイトル(競技種目)って何?

eスポーツのゲームタイトル(競技種目)は大会によって異なるが、様々なジャンルのゲームがあります。

eスポーツの主なゲームジャンル

・FPS(ファーストパーソン・シューティング)
・TPS(サードパーソン・シューティング)
・RTS(リアルタイムストラテジー)
・格闘ゲーム
・スポーツゲーム(サッカー、野球、バスケなどのゲーム)
・レースゲーム

eスポーツのゲームタイトル(競技種目)

・Counter-Strike: Global Offensive(カウンターストライク グローバル・オフェンシブ)

対テロ特殊部隊とテロリストとの戦いをテーマに銃撃戦が行われる対戦FPS。

相手を排除したり、爆破目標を破壊、防衛で対戦するなど
いろいろなルールモードがあり、プレイヤーは決められた目的を遂行する。

・Fortnite(フォートナイト)

FortniteはEpic GamesとPeople Can Flyによって開発された、TPSバトルロイヤルゲーム。

拠点や足場を建設しながら100人のプレーヤーが最後の1人になるまで戦うバトルロイヤルゲーム。

・League of Legends(リーグオブレジェンド)

League of Legends(略してLoL)は、Riot Gamesによって開発された
ゲームの中で世界最高の競技人口(約1億人)がいるとされているRTSゲーム。

100種類以上いるキャラクターから1人を選び、3v3か5v5で対戦し、先にメインオブジェクトを破壊した方が勝利します。(基本ルール)

ストリートファイターV アーケードエディション(ストリートファイターシリーズ)

ストリートファイターV(STREET FIGHTER V)は、カプコンおよびディンプス開発による対戦型格闘ゲーム。略称はストV。

1対1で戦い、先に相手を倒したら勝利。

日本人にも馴染み深い格闘ゲーム。

・ウイニングイレブン2019(ウイニングイレブンシリーズ)

ウイニングイレブン2019(海外ではPro Evolution Soccer 2019)は、コナミデジタルエンタテインメントより発売のサッカーゲーム。

FIFAと同じく大人気サッカーゲーム。
リアルな挙動、容姿、実況が特徴。

・グランツーリスモSPORT(グランツーリスモシリーズ)

ソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売されたPS4用のドライビングシミュレータ。
略称はGT SPORT、GTS。

車の挙動、外観などリアルさを追求した本格レースゲーム。

 

・・・などなど、ほんの一部ですがeスポーツのゲームタイトル(競技種目)を軽くご紹介しました。

日本ではまだまだeスポーツは小さい市場ですが、ここ最近で急激に伸びてくるかと思います。

世界全体でのeスポーツ市場規模は、約700億円ほどと言われています。
アメリカに本社を置く証券会社ゴールドマンサックスが2022年までに3300億円に達すると予想しています。

これからもっとeスポーツという名前を目にすることになるでしょう。